アデノウイルスによって扁桃炎が生じる場合の対処法や予防法

主に子どもが感染しやすいウイルス性の病気の一つがアデノウイルスと呼ばれるウイルス感染症です。
主に夏場にプールを介して感染しやすいため、プール熱と呼ばれることも多いのが特徴ですが、アデノウイルスは様々な器官に感染症を起こすウイルスであり、子供だけではなく大人にも感染することから対処法や予防法を理解しておくことが非常に重要です。
特に扁桃炎を伴う感染症を起こすこともあり、扁桃炎が起きてしまうと病状が重症化する恐れもあるため、どの器官にアデノウイルスが感染した場合に扁桃炎が起きるのかを理解しておくことは特に重要と考えられます。

呼吸器や泌尿器科、腸や目など様々な器官に感染症を起こすことが報告されていますが、そのうち扁桃炎が発症する恐れがあるのが呼吸器感染症と咽頭結膜熱(プール熱)が発症した場合です。
呼吸器感染症が生じた場合は扁桃炎や鼻炎などの気管支炎が生じるため速やかに耳鼻科などを受診することが大切になります。
なお対処療法ですが、細菌性の炎症の場合病状に応じて抗生剤の内服で治療を行いますが、アデノウイルスが原因の場合は基本的に抗生剤による治療は行われず対症療法で炎症を抑えていくこととなります。

咽頭結膜熱が発症した場合、扁桃炎に加えて発熱が伴います。
また場合によっては扁桃腺に白苔が生じることもありますし場合によっては結膜炎が生じることもあります。
発熱・白苔・結膜炎の症状があらわれた場合ほぼ間違いなくアデノウイルスに感染していることが考えられるため、直ちに医療機関で診察をうけることをおすすめします。
咽頭結膜熱が生じた場合、他人への感染リスクがあるため、基本的には学校や職場へは行ってはいけません。
熱が下がった場合でも再発性や感染性が高いため、扁桃腺などの主要な症状が完全に治まってからも2日は学校などへの登園は禁止されています。

咽頭結膜熱が発症した場合の対処療法ですが、アデノウイルスの効果的な薬はないため、基本的には対症療法を行うこととなります。

アデノウイルスの具体的な予防法

アデノウイルスはウイルス感染症であるため、一見すると症状が治まったように感じても再発性と感染性が高いため、完治後も安静にしておくことが大切です。
また日常生活の中でちょっとしたことに気をつけることでアデノウイルスの感染は予防することもできます。
アデノウイルスは目や手や鼻などの粘膜から感染するウイルスです。
主に学校のプールを経由して感染したり、タオルを共有している場合やアデノウイルスに感染している人のくしゃみを浴びることが原因でアデノウイルスに感染し、扁桃炎が生じてしまうことが多くなっています。

アデノウイルスへ予防方法の中でも最も基本的かつ効果的なのが手洗いとうがいです。
流水と石鹸を使って丁寧に揉み洗いを行うことでアデノウイルスの含めたすべての病気の予防ができます。
丁寧に手洗いを行った後は清潔なタオルで手を拭き、アルコール除菌スプレーなどを手にかけておくことでより予防効果を高めることができます。

またアデノウイルスに冒されている人が身近にいる場合、その人との接触はできる限り避けることが大切です。
特にタオルの共有は絶対に行わないようにし、その人が触れたドアノブなどはエタノールなどで消毒を行うなど室内空間も清潔な状態にすることで同居人などがアデノウイルスに冒されるリスクを大きく下げることができます。

加えて、アデノウイルスはプールを通じて人にうつることが多いことから、プールの塩素消毒は充分に行うとともに、プールからあがった後は丁寧にシャワーを浴びて目薬をさし、手洗いとうがいを入念に行うことも重要です。
子どもが学校の授業でプールがある場合などには予め目薬を用意していくと安心できます。